砂漠のモスペット
(サボテン)

種類手間成長日当たり暑さ寒さ難易度

乾燥水苔そのままのナチュラル仕上げ!

アタマからサボテンを生やした「砂漠のモスペット」。モスペット・ドライ(多肉植物)と同じく、しっぽをお水に浸すだけで、意外に難しいサボテンも驚くほど簡単に育てることができるようになりました。

真夏の暑さや凍えるほどの寒さにも強く、少ない日差しでも元気なサボテン。その生命力はモスペットシリーズでもダントツNo.1です!

こんな方におススメ

表面にカラー糸で装飾せず、乾燥水苔そのままの風合いをサボテンに組み合わせて、ワイルドに仕上げました。

個性的な見た目と抜群の生命力は、お部屋はもちろん、各種ショップのマスコットとしても人気!

シンプルなプランツライフがお好みの方にもおススメのモスペットです。

ワンポイントアドバイス!

過酷な環境で生き抜くサボテンは、どんなお部屋でも元気いっぱい。

植物を枯らしてしまうお部屋や日光が入らない店舗などでも、人工照明で育てることができます。

明るい環境なら、花を咲かせる種類も多いです。

こんな点にご注意を!

水のあげ過ぎが大の苦手。適量の水分を、間隔をしっかり空けて与えてください。

少ない光でも順応しますが、明かり窓のないトイレなど、常に暗い場所はNGです。

置く環境を急に変えると、サボテンが驚くことがあるのでご注意を!

お水のあげ方

①2週間(春~秋)~4週間(冬)に1回、しっぽのヒモをお水に浸してください。

★(R)サイズ:60cc、(M)サイズ:100cc 程度
プリンの空カップなどがおススメです。

カップのお水を吸い切ったら水やり終了。カップは外してOKです。

通常、お水は1~3晩で空っぽになります。

サボテンってどんな植物?

大きくは多肉植物ですが、その独特な生態と種類の多さから、独立したグループとして扱われる、サボテン科の植物の総称。葉や茎が変化したトゲトゲが、大きな見た目の特徴です。

一般的な多肉植物よりも多くの水分を蓄えることができ、乾燥した環境に特化した植物です。一日の気温が40℃以上~-10℃以下まで変わる環境で育つなど、環境適応能力は抜群。

「トゲが苦手」という方も少なからずいらっしゃいますが、意外と柔らかく気持ちよい手ざわり良いトゲを持つサボテンも少なくないです。